インプラント治療は、久留米・筑後地域の歯科医院 立山歯科グループ

  • 無料送迎
  • 平日夜9時まで
  • 土日診療
立山歯科グループコールセンター:TEL 0942-65-6805
ホーム > 立山通信

立山通信

2017-6-9

赤ちゃん向け歯科セミナー 実施しました!!

こんにちは!!

今日は、筑後医院の副院長でベテラン歯科衛生士の田中と共に野町の公民館へお邪魔しました。

0~2歳の赤ちゃんとお母様を対象に、乳児向けのお話をさせて頂きました。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる最大の原因は、歯ブラシの毛が固いこと、そして仕上げ磨きに

力が加わりすぎて、赤ちゃんが痛い事と言う事実をもとに

実際に歯ブラシを使って仕上げ磨きのアドバイスもさせて頂きました。

お母さんからもたくさん質問が飛び交う、楽しい歯科セミナーでした。

 

立山歯科では、無料で歯科セミナーを行っております。

地域コミュニティーや施設でのレクレーションに是非ご利用ください。

 

立山歯科  永田

2017-6-1

医院紹介リレートピック Vol.30 ☆西町吉田歯科医院☆

 

 

 

お元気様です!

 

 

 

西町医院は4月より新しい診療台を3台導入し、さらにパワーアップしました!

 

 

 

 

 

 

新しい診療台による快適でスムーズな診療を行っていきたいと思います。

 

 

 

『自分や家族にしてあげたいものやサービスを提供する』をモットーに、スタッフも日々精進していきますので、これからも西町吉田歯科医院を宜しくお願い致します。

 

 

西町吉田歯科医院 山口 

 

2017-5-23

5月外科症例検討会

5月17日に広川医院研修室にて、外部講師の香月先生、柴原先生をお招きし、英語文献の抄読会と外科の症例検討会が行われました。

 


①柴原先生(柴原歯科院長 立山歯科非常勤講師)
「粘液嚢胞について」

 上顎洞と呼ばれる空洞にできた粘液嚢胞といわれる膿の袋に関する症例でした。
適切な治療などについて議論されました。

 

②池松先生(クリニック院長)
「抜歯後の治癒不全」

 抜歯後になかなか傷が治らない患者様に関する症例でした。
どのようなことが原因か、またどのように治療していくべきかが話し合われました。

 

③原英樹先生(広川医院)
「分割抜歯(トライセクション)」
 
 歯の根っこを部分的に抜歯する患者様に関する症例でした。
適切な治療方法について話し合われました。

 

④高木先生(小郡医院)
「意図的再植」

 治りが悪い根っこでは一度抜歯してから適切な処置を施し、もう一度元の場所に戻すという治療方法がありますが、その治療に関する症例でした。
注意するべき点や治療方法について議論されました。

 

⑤末続先生(筑後医院院長)
「インプラント周囲炎」

 インプラント周囲炎とはインプラントした所の周りの歯茎が炎症を起こした状態ですが、その治療方法について議論されました。
 今回学んだことを日々の診療に活かして参ります。

 

久留米医院 宮原 海

2017-5-21

5月歯科医師勉強会


立山歯科では歯科医師、衛生士を対象とした勉強会が二か月に一回開催されますが、5月14日広川医院にて勉強会が行われました。


①佐々木真理子先生(八女医院)
「親知らずの抜歯」
親知らずの抜歯の患者様に関する症例発表でした。
どうやって抜歯すればよかったか、血圧が高い患者様への対応などが話し合われました。

②末続大輔先生(筑後医院院長)
「インプラント治療における診断と設計」
インプラント治療をする際に考えるべき事項と適切な方法について議論されました。

③柴原 清隆先生(柴原歯科医師院長 立山歯科非常勤講師)
「拡大視野診療について」
マイクロスコープと呼ばれる器具を用いた最先端な治療について発表して下さいました。



今回学んだことを日々の診療に活かしてまいります。
久留米医院 宮原 海

2017-5-20

5月 歯科衛生士研修

 

5月歯科衛生士研修

 

5/18()広川医院にて歯科衛生士研修、新人勉強会が行われました。

 

 ・新人勉強会の様子です。

 

今回の内容は「診査、診療の流れ」について学びました。

 

 

 

 ・その後の歯科衛生士勉強会の様子です。

まず、昨年度の中途採用者2名と今年度の新卒6名が自己紹介をしました。

 

 

 

 

 

そして、基山医院の近藤さんが症例発表を行いました。

内容は「マタニティ歯科と妊婦の口腔内変化」についてです。

妊婦の口腔内変化の特徴や歯科治療における対応、指導内容などについて発表されました。

 

 今回学んだことを日々の診療で活かしていきたいと思います。

 

 

 

発表者の近藤さんと座長の田中さん(筑後医院副院長)です。

 

 

 西町医院 歯科衛生士 冨安

 

 

 

 

 

 

2017-5-12

医院紹介リレートピック Vol.29 ☆西鉄久留米駅前医院☆

 

こんにちは!!
4月からクリニック医院へ配属になりました椛田です。

 

 先日誕生日を迎えまして

 

クリニックの皆さんにサプライズをして頂きました。

 

 

 

 

 

嬉しくて泣きそうでした(*´▽`*)

 

 

 

小さい頃から憧れていた歯科衛生士として

 

立山歯科に入社して1カ月

 

まだまだ一人前ではないですが

 

 “自分や家族にしてあげたい医療を提供できる”

 

歯科衛生士になれるよう日々精進いたします。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

クリニック医院 歯科衛生士 椛田

 

 

2017-5-10

歯科セミナー(筑後市熊野公民館にて)

5/10(水) 熊野公民館において 歯科セミナーを行いました。

熊野と言えば、立山歯科筑後医院のおひざもと。

日頃のお礼と、ちょっぴり歯の健康を知って頂くために行ってまいりました。

セミナー講師は 理事長 立山

50代から90代までの方々がいらしてましたが、皆さま若い!

そして、質問が飛び交う!

皆様、歯の健康に興味深深でした。

偶然にも10年前に理事長立山からインプラントをしてもらった患者様もいて

インプラントの話になりました、皆様、しっかりとした知識を得られようとしていました。

時間が足りないくらい。

 

そして、フルート演奏

実は演者は・・無料送迎ドライバーの栁瀬武男。

4曲☆プロ並みの実力に皆様感心し共に歌い、しっかり無料送迎もおすすめしていました。

聴いていた私も、心地よく、少しうるっと。

そして「無料送迎の予約したいわ!」とすぐにお手があがっていました。

 

今回、この場をつくってくださった、熊野区長・上村様そして・・・

 

熊野公民館のお優しいご婦人方・・本格的な「ちまき」まで頂いて

早速、みんなで取合って食べました!

有難うございました。立山歯科、これからも地域の皆様のお役に立てるよう・・深く大きく立ってまいります。

総務課 石井 友加里

 

 

 

 

2017-5-1

年度初め打合せ

 

 

 

 426日 立山歯科矯正歯科専門医 今村先生と立山歯科口腔外科専門医 柴原先生、お二方をお招きして年度初めの打合せを行いました。

 

 

 

 

 

 先生方から今後の立山への更なる発展に期待を込めた上での憂いも屈託なくお話し頂き、理事長共々和やかな雰囲気の中にも有意義なひと時を過ごさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頂戴したお言葉の数々を今後の立山の運営に活かすべく努力致します。有難う御座いました。

 

 

 

経営管理本部長 平田 康人   

 

 

 

 

 

 

2017-4-25

♫久留米高校歯科検診♫

   418日~20日で、西町医院近隣の久留米高校にて歯科検診を行いました。

 

 

 院長吉田をはじめ、理事長立山、基山医院の副院長野田、クリニックの歯科医師 原の4名で、3日間で約800名の高校生の口腔内を検査しました。

 

 

 

 

 

 

 

歯列や咬合、歯石歯肉の状態を確認し、むし歯や歯肉炎がないかどうか判断を

行います。

 

 

 

 西町医院では10年前から院長吉田が久留米高校の学校歯科医を担当して、毎年4月に歯科検診を行っています。そのほか生徒の口腔指導にもあたっています。

 

 

  

 立山歯科全体で、社会貢献、地域貢献の一環として無料歯科検診や歯科セミナーを開催しております。お気軽にお問い合わせください。

 

 

西町医院 受付 藤井

 

2017-4-24

ノーベルバイオケア社主催 小濱先生講演会

 

423日(日)福岡市電気ビルにてノーベルバイオケア社主催で行われた

インプラント関連の勉強会に立山理事長、久留米医院 岡本が参加してまいりました。

 

 

 

当日は、天気も良く絶好のゴルフ日和にもかかわらず(理事長は大のゴルフ好き!)

より良い診療のために一日講演を受講してまいりました。

 

 

 

 講師の小濱先生はインプラント関係では、日本屈指の歯科医師で、各地で講演や歯科医対象の勉強会を開催されている方です。

 

 内容は、パソコンソフトを用いたガイド手術、前歯の抜歯即時埋入、補綴が主な内容でした。

 

 最近の材料、デジタル化の進歩には著しいものがあります。日々の診療に活かせるよう

 

積極的に取り入れていきたいと思っております。

 

 

 

 

留米医院 院長 岡本 多浩