インプラント治療は、久留米・筑後地域の歯科医院 立山歯科グループ

  • 無料送迎
  • 平日夜9時まで
  • 土日診療
立山歯科グループコールセンター:TEL 0942-65-6805
ホーム > 立山通信

立山通信

2017-7-21

平成29年 夏 ★立山新聞★

こんにちは!

まだまだ暑い日はこれから!といった日が続きますね(>_<)

しっかり水分補給をして、この夏を乗り切っていきましょう!

 

今年も立山新聞を作成いたしました。

 

立山歯科はこれからも明るいニュースを発信して参ります。

総務課 

2017-7-18

7月 歯科医師勉強会

 

 

7/9 広川医院3階にて、歯科医師勉強会が行われました。

 

勉強会の内容は以下の通りです。

 

 

①広川医院 原 英樹Dr フラップオペについて

 

フラップオペとは、歯茎の中に付着した歯石を、歯茎を一度切ってひらいて見える状態にして除去する手術方法で、その手術を前歯に対して行った症例を発表されました。

 

 

②久留米駅前クリニック 池松直樹Dr インプラント埋入

 

歯周病が進行している患者様に対してインプラントを行った症例を発表されました。歯周病が進行しているため、インプラント埋入されたあと、別の部位も歯周病により歯の保存が不可能となりインプラントが必要となっていったため、口腔内清掃の大切さがよくわかる症例でした。

 

 

 久留米医院 岡本多浩Dr 上顎洞挙上術

 

インプラントを埋入する際は、インプラントを将来的に支える骨がないといけません。人によっては骨がない場所にインプラントを希望される場合があります。上あごにインプラントを埋入する際に支える骨がない場合、骨を造る必要があります。それを上顎洞挙上術といい、それを3名に対して行った症例を発表されました。

 

 

 

今回の発表は手術がメインの内容でした。どうしても一般の歯科治療では治りが悪い場合は手術をせざるをえない場合があります。今回の内容を日々の診療に活かしていけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

筑後医院 平山 昂希

 

2017-6-26

日本臨床歯周病学会

24・25に開催された日本臨床歯周病学会に参加しました(^^)
会場は2日間とも多くの人達が参加されてました。


立山歯科からも8人参加しました。

2日間とも貴重なお話しがたくさん聞けて、とても勉強になりました!!
これから更に学習を深め、技術面も高めて行きたいと思います。

夜は、立山理事長にホテルのビュッフェを御馳走になりました(*^^*)


今回の学会参加で、とても良い刺激をもらうことができました。この経験を日々の診療にも活かせるよう努力して参ります。

宜しくお願い致します。

久留米医院 歯科衛生士 後藤梨菜

2017-6-23

医院リレートピック Vol.31 ☆基山医院☆

こんにちは。
今回は基山医院の3名を紹介します。

衛生士渕上さんのお誕生日をサプライズで行いました^^
久しぶりのお祝い喜んでくれました☆
立山歯科では「誕生日休暇」があります。
素敵な1日を過ごされたようです^^



 
 

 

左) 衛生士の畠山さんです。
ベテラン衛生士さんです^^明るくて、優しくて、なんでもこなせて頼りになります。とても気さくなので話しやすいです。みなさん、気軽に気になることは聞いて下さい。

・基山医院の好きな所は?→先生・スタッフが優しい
・一言メッセージをどうぞ!→これまでの経験を立山歯科に尽力していきます。

右) 6月入社の大坪さんです。
色白ですらっとしていて、笑顔の素敵!なDAさんです。背筋がシャンとしていて、見ていて気持ちがいいです。ハキハキして考えながら行動してくれるので、頼もしいです☆

・基山医院の好きな所は?スタッフの笑顔が溢れている所です^^
・一言メッセージをどうぞ!たくさんのことに挑戦して頑張ります

基山医院の方針の一つに「明るく元気で楽しい病院をつくる」があります。新たなスタッフも加え全員で取り組んで参ります。

 

7月より歯科衛生士 近藤 踊子は西鉄久留米駅前医院で勤務致します。



                       基山医院  山手

2017-6-20

6月 外科症例検討会

 

 

6月14日 広川医院にて外部講師の香月先生、柴原先生をお招きし、英語文献の抄読会および外科症例検討会が行われました。

 

①岡本多浩先生(久留米医院 院長)

 

「上顎洞底挙上術を用いたインプラント治療」

 

上の奥歯の部分の骨の再生とインプラント手術を同時に行う症例を2つ発表されましたが、それぞれ骨の再生を行う際のアプローチが異なる方法を選択されていました。
それぞれの症例を比較、検討し、また骨増生を行う際に用いる材料、定着までの期間等についての議論がなされました。

 

②平山昂希先生(筑後医院)

 

過剰歯の抜歯」

 

小児の上顎の真ん中にある余分な歯がいわゆる「すきっ歯」の原因になるので、抜歯した症例。
この部位の抜歯をした際に予想されるリスク等について議論されました。

 

③佐々木真理子先生(八女医院)

 

「左下678の抜歯を行った症例」

 

虫歯が進行し、保存不可と判断した左下3本の奥歯を一度に抜歯した症例。
特に奥から3番目の歯については一度歯を分割してから抜歯を行ったというもの。
3次元的な位置を確認するためにもCTを撮る必要性があることについて話し合われました。

 

 


DSCN0947

今回学んだことを日々の診療に活かしてまいりたいと思います。

                   小郡医院 山口 義

 

2017-6-16

6月 新人衛生士勉強会 と 歯科衛生士研修

6/15(木) 広川医院にて新人衛生士勉強会と歯科衛生士研修が行われました(^^)

 

新人衛生士勉強会では、「カルテの流れ、入力・備品の説明」について勉強しました!

 


続いて、歯科衛生士研修では(株)ヨシダの方々に超音波ブラシ(ソニッケアー)についてのお話をしていだたきました。

お話だけではなく、実際にソニッケアーを使わせていだだき、ツルツルの磨き上がりにびっくりしました(°_°)!!!


 今回学んだ内容を、日々の診療に活かしていきたいと思います。

久留米医院 後藤

2017-6-13

筑後市 西牟田町セミナーへ!!

今日は筑後市の西牟田町公民館へ歯科セミナーへ行ってまいりました!!
50名を超える参加者の皆様、周辺地域の公民館館長さん、筑後社会福祉協議会、筑後市役所の

担当者様にもお越しいただき賑やかなセミナーとなりました。


ここで皆様にクイズです!!
立山歯科の看板にはある動物が描かれています。
さて、何の動物でしょう??
皆様からの回答「ライオン」、「シカ」←ダジャレ??、「さる」・・

などなど、回答頂きましたが・・。
正解はゴリラです!!

実は理事長の立山がゴリラに似ているから・・、ということもあるのですが(笑)
ゴリラはとても「家族を大切にする」動物なのです。
私たち立山歯科のモットーは「自分や家族にしてあげたい診療を提供する」です。

・・と、そんなクイズも挟みつつ、「お口の健康」と「全身疾患」の関わりについて
理事長の立山よりお話しさせていただきました。


 質問コーナーではたくさんの質問もいただき賑わいました。

セミナーの後は、恒例のフルートミニコンサート。
黒田節では皆さん口ずさんでいただき、楽しいひと時となりました。



 本日の開催に至るまで、多くの皆様にご協力いただきました。
西牟田町公民館長の近藤様はじめ、民生委員の紫原様、社会福祉協議会の卜部様、携って頂きました皆様ありがとうございました。

次回は3日後、今度は広川町へ行ってまいります!!

 

立山歯科  永田

2017-6-9

赤ちゃん向け歯科セミナー 実施しました!!

こんにちは!!

今日は、筑後医院の副院長でベテラン歯科衛生士の田中と共に野町の公民館へお邪魔しました。

0~2歳の赤ちゃんとお母様を対象に、乳児向けのお話をさせて頂きました。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる最大の原因は、歯ブラシの毛が固いこと、そして仕上げ磨きに

力が加わりすぎて、赤ちゃんが痛い事と言う事実をもとに

実際に歯ブラシを使って仕上げ磨きのアドバイスもさせて頂きました。

お母さんからもたくさん質問が飛び交う、楽しい歯科セミナーでした。

 

立山歯科では、無料で歯科セミナーを行っております。

地域コミュニティーや施設でのレクレーションに是非ご利用ください。

 

立山歯科  永田

2017-6-1

医院紹介リレートピック Vol.30 ☆西町吉田歯科医院☆

 

 

 

お元気様です!

 

 

 

西町医院は4月より新しい診療台を3台導入し、さらにパワーアップしました!

 

 

 

 

 

 

新しい診療台による快適でスムーズな診療を行っていきたいと思います。

 

 

 

『自分や家族にしてあげたいものやサービスを提供する』をモットーに、スタッフも日々精進していきますので、これからも西町吉田歯科医院を宜しくお願い致します。

 

 

西町吉田歯科医院 山口 

 

2017-5-23

5月外科症例検討会

5月17日に広川医院研修室にて、外部講師の香月先生、柴原先生をお招きし、英語文献の抄読会と外科の症例検討会が行われました。

 


①柴原先生(柴原歯科院長 立山歯科非常勤講師)
「粘液嚢胞について」

 上顎洞と呼ばれる空洞にできた粘液嚢胞といわれる膿の袋に関する症例でした。
適切な治療などについて議論されました。

 

②池松先生(クリニック院長)
「抜歯後の治癒不全」

 抜歯後になかなか傷が治らない患者様に関する症例でした。
どのようなことが原因か、またどのように治療していくべきかが話し合われました。

 

③原英樹先生(広川医院)
「分割抜歯(トライセクション)」
 
 歯の根っこを部分的に抜歯する患者様に関する症例でした。
適切な治療方法について話し合われました。

 

④高木先生(小郡医院)
「意図的再植」

 治りが悪い根っこでは一度抜歯してから適切な処置を施し、もう一度元の場所に戻すという治療方法がありますが、その治療に関する症例でした。
注意するべき点や治療方法について議論されました。

 

⑤末続先生(筑後医院院長)
「インプラント周囲炎」

 インプラント周囲炎とはインプラントした所の周りの歯茎が炎症を起こした状態ですが、その治療方法について議論されました。
 今回学んだことを日々の診療に活かして参ります。

 

久留米医院 宮原 海