インプラント治療は、久留米・筑後地域の歯科医院 立山歯科グループ

  • 無料送迎
  • 平日夜9時まで
  • 土日診療
立山歯科グループコールセンター:TEL 0942-65-6805
ホーム > 立山通信

立山通信

2017-8-16

8月 外科症例検討会

 

8/9に広川医院にて、外科の勉強会が行われました。

 

 

①英語論文抄読会

 

舌の下あたりから顎あたりの血管がだいたいどのあたりを通っているかという内容。歯科では舌、顎あたりの血管も把握しておく必要があるので重要です。

 

 

②Dr症例発表

 

 

小郡 Dr新垣

 

インプラントを埋入した患者様の歯の部分を作っていきたいところだが、歯茎が下がっているのでどのようにすれば上手くつくっていけるかという内容でした。インプラントは骨に直接埋入するので、骨および歯茎の存在が特に重要となります。

 

 

 

広川 Dr中島

 

インプラントをいれた患者様の治療についての内容でした。患者様は奥歯に入れ歯をいれたのですが違和感が強く、入れ歯使わずにそのままで食事されています。インプラントは前歯にあります。奥歯がないと必然的に前歯で噛むこととなり、いずれは前歯が痛んでくるので、奥歯は優先して治療していきたいところです。

 

 

 

小郡 Dr山口

 

虫歯で根っこだけになってしまった歯の治療についてです。根っこだけになってしまった歯は使えませんので何かするなら抜くという選択肢しかないです。虫歯が大きい場合は歯茎を切らないと抜けないような難しいケースもあります。

 

 

 

クリニック Dr

 

粘液のう胞という、唇や舌の下にできる口内炎のようなものについての発表。粘液のう胞とは、唾液を出す管がなんらかの原因でつまることによってできます。ステロイドを塗ることで自然に消える場合があります。

 

 

 

今回の内容を日々の診療に活かしていきたいです。

 

筑後医院 平山 

 

2017-8-14

技術顧問:香月 武先生の活動の記録

 

立山歯科の技術顧問である香月武先生の活動の記録を紹介致します。

 

 

 

<香月先生について>

 

香月先生は佐賀医科大学名誉教授であり、アジア、アフリカなどで難易度の高い歯科口腔治療の指導をされています。

 

 http://www.dentalfuture.com/cgi/systems/uploads/images/c1b5abc1c4873b88ff9fe006ea64e773.JPG

 

 立山歯科にて毎月行われている外科症例検討会にも参加していただき、患者様により良い治療を提供できるようにご指導いただいています。

 

 

<活動の記録>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立山歯科は特定非営利活動法人 インターナショナル・葉隠の活動を応援しています。

 

 

 

2017-8-8

業績報告会

立山歯科グループでは毎月の月初に各医院の院長が集まり業績報告会を行っております。

 

 医院の経営や、法人全体のことについて毎月熱い議論が飛びかっています。

 

 

 

 

 

 

総務課 原

 

 

 

2017-8-1

✪納涼祭✪(後半)

 

お待たせいたしました!納涼祭の後半の様子をお届けいたします。

 

 

 

お酒もほどよくまわったところで、

 

中途入社職員の紹介&挨拶♪

 

 

 

これから宜しくお願い致します。

 

 

続いては、今年入籍した(する)5名へ理事長 立山よりお祝いの贈呈(*^_^*)

 

この度、新たに歯科医師夫婦が誕生いたしました☆

 

 

 

おめでとうございます♪

 

続きまして、小郡医院 歯科医師 山口による「光GENJI」ならぬ「光GENKI」の登場です★

 

 

メドレーで会場が大いに盛り上がりました!

 

 

 

最後に、もう一つのサプライズ・・・

 

 

 

立山歯科が今年35周年を迎えたことに際しまして、各医院の院長より理事長へお祝いのメッセージと思い出のエピソードを披露してもらいました!

 

  

 

  

 

 

   

 

   

 

 

 

 

スピーチを聞きながら笑顔の理事長(^^)

 

そして、衛生士による花束贈呈✿

     

 

 

 

今回の納涼祭で固めた結束力をこれから発揮してまいります。

 

総務課 毛利

 

2017-7-31

✪納涼祭✪(前半)

こんにちは。

 

7月、久留米の「そう馬」で立山歯科 全従業員が集う納涼祭が行なわれました。

 

理事長 立山による開祭の言葉

 

送迎担当 栁瀬による歯科セミナーで大好評のフルート演奏

「荒城の月」

「赤とんぼ」

  

美しい音色に酔いしれました。

演奏だけでなく、お話でも会場を沸かせてくれました^^

 

アンコール!!!!!

 

すると、、、「HAPPY BIRTHDAY♪」の演奏が始まりました。

実はこの日は筑後医院 大野と西町吉田歯科医院 山口<ダブルともみ>のお誕生日!サプライズのお祝いでした。

 

社長 平田の乾杯の音頭で、お食事スタート!

 

 

 

久留米医院↑

  

 小郡医院↑

 

  筑後医院↑

広川医院↑

 

 八女医院↑              クリニック↑

 

西町吉田歯科医院↑         基山医院↑

 

美味しいお酒と食事とともに医院の壁を越えて、楽しみました✿

 

後半へ続く・・・

 

2017-7-30

7/28 歯科セミナー開催いたしました!!

 

7月28日、長浜公民館で歯科セミナーを開催いたしました。

今回の講師は西鉄久留米駅前クリニック副院長で歯科衛生士の一山利香です。
一山は以前、西日本新聞に取材を受け、掲載された事もあるベテラン歯科衛生士。
その手でメンテナンスを受けると、まるでエステを受けているようなうっとり気分になります。

そんな一山より、今回は「歯周病と全身疾患」についてお話しさせていただきました。
歯周病に関する、こわーい話にぞっとしたり、お口周りの体操として皆さんで歌を歌ったり、

とても賑やかで笑いの絶えないセミナーとなりました。



 後半は、恒例のフルート生演奏。
実は、毎回フルート演奏を披露している栁瀬、実は自衛隊音楽隊の出身でフルート歴は50年近い

セミプロ級!! 今回も皆さんの大合唱で大変盛り上がりました。

今回は地元、筑後の長浜でのセミナー。80名を超える方々にご参加いただきました。

セミナー開催にご尽力いただきました、竹島行政区長、担当の中島様、社会福祉協議会の占部様、

そして開催をお手伝いいただいたボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

↑左より 竹島行政区長、中島様、歯科衛生士一山、栁瀬



フルート演奏のみの慰問なども行っております。
お気軽にお問い合わせください。


立山歯科 0942-65-6805(永田)

2017-7-25

7月 新人衛生士勉強会 と 歯科衛生士研修

 7月20日広川医院にて新人衛生士勉強会と歯科衛生士研修が行われました(^^)

 

 新人衛生士勉強会はスケーリングをしました。
 

 スケーリングとは歯周病や虫歯の原因となる歯石を取り除く方法の一つとして、「スケーラー」という器具を使う手法です。
歯石取りをすることによって歯周病の原因、進行を防ぐことができます。

 

 2人ずつの3組に分かれ、先輩方に指導してもらいながら行いました★

 

 続いて歯科衛生士研修では基山医院の山口史加さんより「力が関与するケースにおける歯科衛生士の役割」について発表されました。

 

 力が加わるとは、夜寝ている間に歯ぎしりをする人、歯と歯あるいは歯と食物の過剰接触により歯がすり減ること、歯を食事以外の時に無意識に噛みしめているなどが挙げられます。そのように歯に異常な力が加わると、歯や被せものが割れたり、虫歯でなはいけど歯がしみたり痛みがでたり、頭痛、肩こり、顎の痛みなど様々な症状が出てきます。
 

 そのような患者様には歯科衛生士という立場からどのようにアプローチできるか、患者様の口の中等をしっかり診ていく大切さを学びました!

 

 夜間に歯ぎしりをする人はナイトガードというマウスピースを寝ている間につけていると軽減することができるので、気になる方はマウスピースを作製してみてください(^ ^)★

 



 

 

 今回学んだことを日々の診療に生かせるよう毎月の研修を重ねて精進していきたいと思います。

                                                                   八女医院    内藤蕗紀子

2017-7-24

7月 外科症例検討会

719日に広川医院にて外部講師の香月先生、柴原先生をお招きし外科症例検討会が行われました。

 

 

1 宮原海先生(久留米医院 歯科医師)

 「下顎智歯抜歯」

 下顎の智歯(親知らず)を抜歯した症例でした。

 親知らずは生え方によって、抜歯の際に歯肉を切除したり歯を削って分割する必要があります。

 抜歯の手技について検討しました。

 

 

2 藤家稔久先生(筑後医院 歯科医師)

 「外傷歯の対応」

 上顎の前歯を強打して脱臼していた症例に対しての発表でした。

 動揺していた歯を固定し、神経を取る処置を行ったということです。

 外傷歯への対応について議論が行われました。

 

 

3 荻原秀樹先生(八女医院 院長)

 「非プラーク性歯肉病変」

 歯肉の腫れと痛みが主訴である症例の発表でした。

 全身疾患や自己免疫疾患、服用薬剤などが相互に関係して歯肉炎の症状を呈することもあります。

 診断のために必要な検査や、医科とも連携した対応について学びました。

 

 今回学んだことを日々の診療に活かして参ります。

 

 

 

広川医院 原英樹

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-7-21

平成29年 夏 ★立山新聞★

こんにちは!

まだまだ暑い日はこれから!といった日が続きますね(>_<)

しっかり水分補給をして、この夏を乗り切っていきましょう!

 

今年も立山新聞を作成いたしました。

 

立山歯科はこれからも明るいニュースを発信して参ります。

総務課 

2017-7-18

7月 歯科医師勉強会

 

 

7/9 広川医院3階にて、歯科医師勉強会が行われました。

 

勉強会の内容は以下の通りです。

 

 

①広川医院 原 英樹Dr フラップオペについて

 

フラップオペとは、歯茎の中に付着した歯石を、歯茎を一度切ってひらいて見える状態にして除去する手術方法で、その手術を前歯に対して行った症例を発表されました。

 

 

②久留米駅前クリニック 池松直樹Dr インプラント埋入

 

歯周病が進行している患者様に対してインプラントを行った症例を発表されました。歯周病が進行しているため、インプラント埋入されたあと、別の部位も歯周病により歯の保存が不可能となりインプラントが必要となっていったため、口腔内清掃の大切さがよくわかる症例でした。

 

 

 久留米医院 岡本多浩Dr 上顎洞挙上術

 

インプラントを埋入する際は、インプラントを将来的に支える骨がないといけません。人によっては骨がない場所にインプラントを希望される場合があります。上あごにインプラントを埋入する際に支える骨がない場合、骨を造る必要があります。それを上顎洞挙上術といい、それを3名に対して行った症例を発表されました。

 

 

 

今回の発表は手術がメインの内容でした。どうしても一般の歯科治療では治りが悪い場合は手術をせざるをえない場合があります。今回の内容を日々の診療に活かしていけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

筑後医院 平山 昂希