インプラント治療は、久留米・筑後地域の歯科医院 立山歯科グループ

  • 無料送迎
  • 平日夜9時まで
  • 土日診療
立山歯科グループコールセンター:TEL 0942-65-6805
ホーム > 立山通信

立山通信

2015-5-27

5/21歯科衛生士勉強会

5/21歯科衛生士による勉強会を行いました。

 

抗生剤を併用して、歯石除去を行った症例でした。

また、位相差顕微鏡を使用し患者様のモチベーションを上げた事により、

歯肉に締まりが見られたという発表でした。

 

基山医院 鳥羽美咲

 

  

浮腫性の歯肉についての症例でした。

浮腫性という事で見かけ上の歯肉の炎症よりも組織破壊がさほど進行しておらず、

清掃指導によるプラーク除去で歯肉の変化も現れやすく、

炎症の回復が早かったという内容でした。

 

西町医院 石丸彩夏 

 

 

今回学んだことを日々の診療に活かしていきたいと思います。 

 

                                                   筑後医院 森美奈子

 

2015-5-23

5月 口腔外科症例検討会

5月20日は月に1回開催されている口腔外科症例検討会でした。 


佐賀大学口腔外科名誉教授の香月武先生にアドバイザーとして参加頂いております。 

今日は4名の歯科医師が症例発表し、口腔外科に関するディスカッションが行われました。  

  

野口哲朗(八女医院所属) 

歯をぶつけてしまった際(外傷)の対応をした症例でした。

緊急を要する対応についてガイドラインを交えながら注意点を伝えていました。

 

②羽原幸司(広川医院所属) 

歯の根に炎症がおきて根の治療のみでは治らない症例の治療についてでした。

歯根嚢胞摘出術という処置であり術式について、注意事項、適切な使用器具について

新しい情報も交えて発表しました。

 

 

③義川耕平(基山所属) 

腫瘍(できもの)ができている患者様に対し適切な診断をして摘出を行った症例でした。

注意するポイントを交え、また摘出したものを検査し悪性のものでないかの

確認できており治癒も良好でした。

 

 

④岡本多浩(久留米医院所属) 

先月行ったインプラント手術の術後経過の症例でした。

骨が薄く難症例の患者様に対しての経過報告を行いました。

 

 

 

最後に、外科、インプラントのスペシャリストである香月先生海外からの

インプラント事情に対してご教授いただきました。

今回学んだことを日々の診療に活かしていきます。 

 

                    立山歯科 クリニック医院 池松直樹

 

2015-5-19

5月10日(日) 若手歯科医師勉強会抄録

本日は診療終了後に各医院の若手(5年以下)歯科医師と 

数名のベテラン(6年以上)歯科医師が集まり勉強会を行いました。 

若手歯科医師勉強会は初めての試みと言うこともあり、 

試行錯誤の点もありましたが、 

講義と実習を通して学習させて頂きました。

 

 

本日は口腔内写真の撮り方(5枚法及び強拡大)を学びました。 

本日学んだ事も普段の診療に活かしていきたいと思います。 

次回は614日(日)CRについて学習させて頂きます。

 

       

               筑後医院歯科医師 山本昌宏

 

2015-5-2

4月26日(日) 歯科医師勉強会抄録

 本日は診療終了後に各医院の歯科医師が集まって勉強会を行いました。

参加者が歯科医師のみということもあって、各発表者の発表症例について活発な意見交換がなされました。 

 

・野口哲朗先生(八女医院)

虫歯の治療を行った後に、歯型を取って詰めるインレー修復という治療法についての発表でした。歯をどのように削ればピッタリ合った詰め物が出来るのかを考察した内容でした。

 

・貞刈理志先生(クリニック)

歯の根の治療を行う際に、どの患者様も同じ形の根っこをしているわけではありません。樋状根(といじょうこん)という独特な形の根に対して、どのような治療のアプローチを行うかというのをまとめた内容でした。

 

・羽原幸司先生(広川医院)

不幸にも歯を抜かなくてはならなくなった患者様に対して、抜いた場所に親不知を移植した症例の発表でした。抜歯後に歯の代わりになるものを作製するという方法もありますが、条件がそろっている患者様にはとても有効な方法の一つだと思われます。

 

・義川耕平先生(基山医院)

歯には噛むこと以外にも色々な役割があります。特に前歯は他人に与える印象を大きく左右するものでもあります。前歯の治療を行う上での審美という、歯の色・形・向きなどの美しさについて追及した症例の発表でした。

 

・岡本多浩先生(久留米医院)

インプラント100時間コースという日本口腔インプラント学会の開催するコースに参加した内容の報告でした。情報を共有することで参加できなかった歯科医師も勉強できるため、今回の勉強会の重要性を感じました。

 

今回の勉強会は今年度から開始したもので、第一回目の開催になりました。どのような勉強会になるか予測もつかなかったわけですが、白熱した意見交換・質問・考察がなされ終了の時間を大幅にオーバーするほどでした。このような場をとおして普段の診療に活かしていきたいと思います。

 

 

                                                                   筑後医院 副院長 末続大輔