インプラント治療は、久留米・筑後地域の歯科医院 立山歯科グループ

  • 無料送迎
  • 平日夜9時まで
  • 土日診療
立山歯科グループコールセンター:TEL 0942-65-6805
ホーム > 立山通信

立山通信

2014-4-17

4月の口腔外科症例検討会

 4月16日は月に1回開催されている口腔外科症例検討会でした。

今年度も毎月、佐賀大学口腔外科名誉教授の香月武先生にアドバイザーとして参加頂きます。

今日は3名の歯科医師が症例を、1名の歯科医師が外科的な歯根治療について発表し、

口腔外科に関するディスカッションが行われました。

 

香月教授による指導のもと、立山理事長執刀手術

 

(1)岡本多浩(久留米医院院長)
 上あごの入れ歯をインプラントを用いて固定する

「インプラントオーバーデンチャー」という治療法に関する発表でした。

今回はインプラントを埋める際に必要な骨を造る治療がテーマで、

本日行われる外科手術内容の確認でした。

お口の中のみならず、生活環境や社会的背景なども考慮した治療の提案をする必要性を学びました。

(2)荻原秀樹(八女医院院長)
 前歯が割れたことによって抜かざるを得なくなった患者様に行なった、

インプラント治療の発表でした。

「即時機能」というインプラント手術をしたその日のうちに仮歯を入れて、

見た目が悪くならないようにした症例でした。

正確な診断を行い綿密な計画を立てることで、

患者様の希望に応えた治療の可能性を広げることを学びました。

(3)新垣洋二(小郡医院院長)
 歯の根の病気についてCT撮影をすることで3次元的に歯を観察し、病気の原因や範囲、

歯の根の形、周りの骨や粘膜の状態を確認し治療を行った発表でした。

病気の状態が改善しているか再度CTを撮る計画を立て、

また今後の可能性として外科治療を併用した根の治療をする時期や方法について検討しました。

(4)柴原清隆(アドバイザー:非常勤医師・口腔外科担当)
 歯の根の病気を外科的に取り除く「歯根端切除術」という手術の術式や、

使用する器具や材料、注意点などを確認しました。

最新の情報や、最良の材料を選択することでより良い治療を提供することの重要性を感じました。


 
 

 左より香月教授と本日の発表者(新垣・荻原・岡本・柴原) 

 

 

新年度が始まり、新しいメンバーでの第1回目の外科症例検討会が開催されました。

今回は各医院の院長が発表し、内容の濃い検討会となりました。
立山歯科では、本日のように症例検討会を通して専門医の先生の意見を拝聴したり、

診断や治療を行う上で必要なCT撮影を行える設備があったりと、

歯科医師も患者様も満足できる治療を行える基礎が出来ているのを改めて実感しました。


 立山歯科筑後医院:末続大輔

2014-4-4

平成26年度入社式・職員大会

4月1日(月) 地場産くるめに於いて、入社式及び職員大会が行われました。



 今年は歯科医師2名・歯科衛生士8名・一般職1名、合計11名の新入職員が入職致しました。




代表で歯科医師 野田謙史さんより力強い決意表明がありました。




 職員大会では、今年度方針や永年勤続表彰や優秀賞の発表がありました。

 今年は、永年勤続10年の一山副院長代行(クリニック)より
これまでの10年を振り返っての話がありました。



 理事長はじめ、各医院の方針が発表され、スタッフは心新たにスタートを切りました。


2013年度最優秀歯科医師賞・髙橋伸介(筑後医院院長)



2013年度最優秀歯科衛生士賞・田中春美(筑後医院副院長)





2013年度最優秀医院賞・クリニック



(写真は、クリニックの一山副院長代行)


2013年度一般職賞・石井友加里(総務課)


2013年度3S最優秀医院賞・小郡医院


2013年度コーチング優秀賞・河野麻衣(久留米医院)、江頭味季(クリニック)、

西村亜矢子(筑後医院)、森美奈子(筑後医院)



 受賞者は、サプライズの発表と1年間の努力に喜びもひとしおであったようです。



11名の新しい力とともに切磋琢磨して、

今後も立山グループを伸ばしていくと決意を新たにした1日でした。