インプラント治療は、久留米・筑後地域の歯科医院 立山歯科グループ

  • 無料送迎
  • 平日夜9時まで
  • 土日診療
立山歯科グループコールセンター:TEL 0942-65-6805
ホーム > 立山通信

立山通信

2013-2-21

海外研修報告

2月7日()から14日()までアメリカ・カリフォルニア州 パームスプリングにおいて、

アメリカ歯周病学会(AAP)とアメリカ矯正学会(AAO)の合同の学会が行われました。

 

今回は、福岡の船越先生と勤務医の武井先生、大阪の落合先生、青森の高屋先生(ミント歯科)、

熊本の飯干先生(ひかり歯科)、松原先生の7名での参加でした。

 

久しぶりに、船越先生達とご一緒できて大変有意義な時間を過ごしました。

 

今回のトピックは歯科矯正の期間を短縮する為に、歯周病の専門医と協力して、

歯牙と歯牙の間の歯槽骨に切れ目を入れて、歯牙が動きやすくすることでした。

 

通常2年かかるところを、8ヶ月に短縮していました。

 

今回の出発は羽田からの深夜便(0時出発)、ロサンゼルスからも深夜便(0時発)を利用した為、

7日も夕方まで仕事をしてから、14日も朝9時に福岡着なので、

そのまま仕事場に直行でき大変便利になりました。

 

成田より羽田は大変便利だなと感じました。

 

 

パームスプリングの学会場にて

 

正面左から高屋先生、松原先生、船越先生、落合先生

後列左から、飯干先生、武井先生、立山です。

 

 

 会場正面にて証拠の記念撮影

 

 

会場風景です。

 

 

 

オフを利用して日本では見られないポロの競技を見学してきました。

ものすごく広い芝生が何面もあり、激しいスピードで激突して玉を奪い合う競技に圧倒されました。

 

 

アメリカ各地から見学者が訪れて、芝生に椅子を出し、

飲み物や食事をしながら観戦している姿に感心しました。

 

 

案内してくれた、落合先生の友人の親のジェイさんと厩舎にて。

 

パームスプリングはアメリカの避寒地として有名で、

冬場は人口が2倍になり、4月になると半減するそうです。

特にカナダから多くの人が直接飛行機で来ているそうです。

 

 

パームスプリングは砂漠地帯に作られた町で、当然、学会会場のホテルの周りにもゴルフ場が併設されています。

 

今回、アメリカにて学んだことを診療に活かしてまいります。

 

立山 由乘

 

2013-2-20

口腔外科症例検討会

2013220日(木)

 

 今日は月に1回開催されている口腔外科症例検討会でした。

佐賀大学口腔外科名誉教授の香月武先生にアドバイザーとして参加頂いております。

今日はA班3名の先生方の症例発表とディスカッションが行われました。

 

            

 

 

(1)  貞刈理志先生(久留米クリニック所属)

 

 前歯にできた嚢胞(膿みの袋)を治療した症例:上の前歯にできた嚢胞と言われる袋を外科的に摘出しました。

 

 親知らずの抜歯の症例:横向きに生えている下あごの埋伏智歯(親知らず)を外科的に抜歯しました。

 

 

(2)  野村理菜先生(筑後医院所属)

 

 重度の虫歯の抜歯症例:義歯を含めたお口全体に渡る治療の中で、残すことが困難となった虫歯の歯を外科的に抜歯しました。

 

 

(3)  森藤秀仁先生(西町医院所属)

 

 下あごにできた良性の腫瘍を治療した症例:下の前歯部分のあごの骨の中にできものができており、外科的に摘出しました。そして病理検査(顕微鏡による検査)の結果、良性の腫瘍であることがわかりました。

 

 

今日の症例は抜歯や嚢胞、そして良性の腫瘍を治療するといった口腔外科では典型的な症例に対しての治療について議論しました。

世界的にも有名な口腔外科の大家である香月教授のご指導の元、このような口腔外科的な疾患の治療を行っております。

もちろん舌ガンなどの重大な病気は地域の大学病院(久留米大学、佐賀大学、九州大学等)と連携して診療を行っております。

このように我々の歯科医院では歯を見るだけではなく歯茎はもとより、あごの骨にできる病気といったお口全体のことをトータルで治療できるよう努めております。

 

 来月はB班が症例発表を行う予定です。

 

 

口腔外科・インプラント外科担当:柴原清隆

 

 

 

 

(写真は症例発表者と香月武名誉教授です。)

 

2013-2-18

若手社員コーチング

立山歯科では「自ら考え、行動する力を養う」目的で

毎週火曜日9:00~理事長による若手社員コーチングを行っております。

 

受講する社員は4班に分かれ、1ヶ月に1度、仕事面で達成したこと、考えたこと、気付いたことや

今後1ヶ月間の目標、1ヶ月間に読んだ本の感想等を発表します。

 

  

2/15第2班の発表では

 

「心の扉」

「面倒くさがりのあなたがうまくいく55の法則」

「夢をかなえるゾウ1」

「モノを整理してスッキリ暮らす」

「ベッキーの心のトビラ」

「たくらむ技術」

「幸せになるために捨てるもの」

「頭をよくする短眠法」

 

が読まれていました。

 

みんなで頂いたお弁当です。

 

毎日寒いですが、皆様どうぞご自愛くださいませ。

 

 

 

2013-2-5

若手社員コーチング

立山歯科では「自ら考え、行動する力を養う」目的で

毎週火曜日9:00~理事長による若手社員コーチングを行っております。

 

受講する社員は4班に分かれ、1ヶ月に1度、仕事面で達成したこと、考えたこと、気付いたことや

今後1ヶ月間の目標、1ヶ月間に読んだ本の感想等を発表します。

 

  

 

2/5の第1班の発表では、

 

「人生がときめく片づけの魔法」

「人に聞けない 大人の言葉づかい」

「君を成長させる言葉」

「仕事も恋もがけっぷち!29歳OLが永遠に続く幸せを」

「他人の心理学」

「謎解きはディナーのあとで2」

「子どもにこれを食べさせてはいけない」

「3ステップ式 お金が貯まる家計簿」

「神様のカルテ2」

「日本人のための新「幸福論」「Noと言える人」の時代が来た」

 

等の本が読まれていました。

 

今日のお弁当はお稲荷さんと巻き寿司、唐揚げでした。